MarvelEX 施工コンテスト2019 受賞作品

MarvelEX 施工コンテスト2020 開催決定! 概要はこちら

MarvelEX 施工コンテストに多数のご応募をいただきまして、誠にありがとうございます。

全国から96作品をご応募をいただきました。
この度、受賞作品が決定しましたのでご案内いたします。

部門紹介

1. 最優秀作品賞 全応募の中から1作品
2. ウリンデッキのあるお庭の風景賞
~世界最強木材でお庭をプロデュース~
東日本ブロック・西日本ブロック 優秀作品賞 各ブロック1作品
3. MarvelEX賞
~お庭に彩りを加える~
東日本ブロック・西日本ブロック 優秀作品 各ブロック1作品
4. 理材活用賞
~ウリン道を極める~
東日本ブロック・西日本ブロック 優秀作品 各ブロック1作品

福島県

株式会社 little bear garden 様

コメント:アウトドアショップの広いテラスは、優しい印象のウリンとクールなコンクリートで構成。
まるで森の中のショップに来たように五感を刺激する自然素材を使用した。
背の高い落葉樹が影を落とす日陰と古木のオリーブを囲むように配置したウリンベンチで四季を感じながらゆったりとした『時』を家族・恋人・友人と過ごしていただける空間にしました。
また、ナイトシーンはウリンデッキの蹴上がり部分にライトを配置し、安全を確保。はねだしたウリンベンチ下にも配置し、安全面を考慮しながら浮遊感を演出した。

ウリンデッキのあるお庭の風景賞 ~世界最強木材でお庭をプロデュース~

神奈川県

株式会社 HealTheGarden 様

コメント:玄関横にあったコンクリートの壁を解体し、庭まで下りられるウッドデッキの回廊を施工しました。生活動線として無理の無い形でお庭を活用できるようにリフォームしました。

熊本県

株式会社 タケウチ 様

コメント:「ランドマーク」として地域の賑わい形成に貢献・人に優しい、人がくつろげる「コミュニティガーデン」・訪れる人の「サードプレイス」となる開かれた複合施設の3つをコンセプトとして、美しい景観を形成して広く注目を集め、「賑わい、憩い、交流」が生まれる、そんな施設を目指しました。

三重県

株式会社 東万 様

福岡県

有限会社 シンセイ産業 様

三重県

株式会社 東万 様

岐阜県

株式会社 虔山 様

福岡県

有限会社 田主丸緑地建設 様

 

MarvelEX賞 ~お庭に彩りを加える~

該当作品無し

理材活用賞 ~ウリン道を極める~

神奈川県

株式会社 HealTheGarden 様

コメント:玄関横にあったコンクリートの壁を解体し、庭まで下りられるウッドデッキの回廊を施工しました。生活動線として無理の無い形でお庭を活用できるようにリフォームしました。

愛知県

有限会社 エクステリヤ不二 様

コメント:建物の混みあった新興の住宅地で、休日 周りの視線を気にすることなくゆったりと安全に家族とお庭で過ごしたいとのご希望を叶え、長期の使用に耐え、メンテナンスも不要なウリン材をお勧めしました。短冊材を多用することにより価格も抑えることができました。

 

三重県

株式会社 東万 様

山形県

株式会社 プランニューエフ 様

 

施工コンテスト総評

2019年度MarvelEX施工コンテストへのご応募を頂きまして誠にありがとうございました。
審査員を代表しまして今回のコンテストの総評を述べさせて頂きます。

今年より実施されることになりました株式会社林田順平商店 MarvelEXのコンテストは、皆様良くご存知のウリンを使ったデッキやフェンス、パーゴラなどの事例をご応募頂き、その優れた使い方や工夫を多くの方と共有する為に開催されます。
通常のエクステリア商品とは違い、ウリン材というパーツをお客様のご要望や設計、施工者の皆様のアイデアで1点1点オーダーメイドで作り上げていくことは、卓越した知識と技術がなくては実現できないものであります。
今回は初回にもかかわらず全国から沢山のエントリーを頂き、厳正なる審査の結果各賞を決定させて頂きました。
「ウリンデッキのあるお庭の風景賞」では、単にデッキやフェンスを作るだけではなく異素材との組み合わせで、ウリンを有効活用されている作品が目を引き、写真の撮り方やライトアップされた夜景の写真なども素晴らしいものがありました。
「理材活用賞」はあまり知られていないかもしれませんが、サイズの規格に入らない短尺材を破棄するのではなく、最大限に有効活用するための活動の趣旨にあった作品が評価されました。
ウリンは建築資材として使える様になるまで200年以上掛かると言われています。しかも、植林されたものは無く天然の樹木ばかりです。
そんな貴重なウリンを無駄なく使い切ることはとても大切なことなのです。短い部材を逆転の発想で有効活用された作品が選ばれたと思います。
来年以降もこのコンテストは継続されます。
ウリンを使ったオリジナリティーのある作品、理材を有効活用した作品、MarvelEXのガラスブロックやロートアイアン、スペインタイルなどを使い暮らしに彩りを加えた作品など、来年も積極的にご応募頂ますよう宜しくお願い申し上げます。

MarvelEX施工コンテスト2019
審査委員長 古橋宜昌

審査講評(理材活用賞、理材活用アイデア賞)

ウリン材などを販売する株式会社林田順平商店が、マーヴェレックス施工コンテストを今年から始めた。これは、次の5点を主旨としたものである。
・自然素材(木材製品)の取り込みによるガーデンプランニングの魅力の向上
・ウリン材の知名度向上と利用促進
・理材活用(注釈1参照)の思想の普及
・林田順平商店輸入商材(ウリン、ガラスブロック、ロートアイアン、スペインタイル)の利用促進
・コンテストを通じた業界へのウリン材普及と自然素材の使用拡大
*注釈1:理材活用とは、合理性のある、理にかなった活用方法のことを指す。可能な限り知恵を使い、貴重な天然資源を無駄なく有効に、そして最適に、かつ合法的に使っていくことにより、限りある地球の資源を資産として活用する取り組みである。

コンテストでは次の3つの賞を設定した。
・ウリンデッキのあるお庭の風景賞(世界最強木材でお庭をプロデュース)
・MarvelEX賞(お庭に彩りを加える)
・理材活用賞(自然へどう恩返しし、地球環境に優しい木材活用を創意工夫する)

このうちの理材活用賞について、林田順平商店が提案した「理材活用」の概念に基づき、応募者からの申請書類(写真や説明資料)を審査した。そして、理材活用優秀賞および理材活用アイデア賞として、各々次の2点を選考した。今回選考された応募作品についての評価は概ね以下の通りである。

■ 理材活用優秀賞(東日本 59番)
階段や手すりにまで積極的にウリン短尺材を多数利用しつつも、デザインとしての妥当性が損なわれていない。デッキの床板を貼る方向、手摺等の軸の間隔、階段の蹴上げ部など、工夫を重ねつつ様々な場所で短尺材が利用され、施工前後での劇的な変化が感じられる。これは、短尺材利用によってデザインをより良いものとしており、工夫次第で短尺材を積極的に利用する可能性を示す好例と思われる。様々な施工現場での模範的な参考となる施工例として高く評価した。

■ 理材活用優秀賞(西日本 80番)
短尺材を積極的に利用することを前提としつつ、デザインも損なっていない。すなわち白を基調とする建物や周辺の風景の中でウリンのデッキと塀が良いアクセントになっており、美しいデザインを実現している。短尺材を使うことによってデザイン性が向上しているとさえ感じることができるほどに、設計的な視点で理材活用の主旨がよく取り入れられている。これは、理材活用に関する一つのモデル的なケースであることから、施工されるにあたっての短尺材を使うというコンセプトも含めて広く参考にして欲しい好例として高く評価した。

■ 理材活用アイデア賞(85番)
ラフ材がおしゃれに活用されており、捨てるようなものに価値を見出す良いアイデアである。ウリン材を新しいままに利用するのではなく、アプローチや車止めなどに自然に退色した短尺のウリン材を意図的に用いることによって、古いジーンズと同じようなヴィンテージな感じを特徴とする施工デザインに成功している。さらに、短尺材であってもあえて退色したウリン材を使うことによって、新たな使い方の提案となっていることから、そのアイデアを高く評価した。

■ 理材活用アイデア賞(103番)
耐久性、耐候性の高いウリンの特徴を活かした良い作品である。公園の案内看板枠等へのウリン短尺材の利用という他に例がないような用途であった点に加えて、利用にあたって短尺材を接合して長尺材と同様の使い方をしている点を高く評価した。戸建てエクステリア用途が多いなか、アイデア次第でウリン材の耐久性、耐腐朽性、強度という特徴を活かした使い方が出来ることを思い出させてくれる好例である。

SDGs(持続可能な開発目標)の17の目標、169のターゲットの中に「森林の持続可能な経営」、「資源利用効率の向上」などが含まれており、木材関連産業は責務を強く意識することが望まれると同時に、産業が飛躍する絶好のチャンスでもある。しかしながら、成長が期待できる分野には他産業からの参入も多くなるので、たゆまぬ技術開発の継続が必要である。その際に、今回の「理材活用」の価値観を活動の中心に据えることが重要である。

今回受賞した4点以外にも優れた施工例が多く認められたので、今後も、株式会社林田順平商店が主催する施工コンテストに、優秀な発想とそれを支える技術に基づく応募が多数集まり、木材関連産業を発展させ、ひいては SDGsへも貢献することを期待する。

審査委員
金山 公三(京都大学)
神代 圭輔(京都府立大学)
渕上 佑樹(三重大学)

MarvelEX 施工コンテスト2020 開催決定

応募期間 2020年7月1日~10月31日
応募施工 2019年11月1日~2020年10月31日竣工分まで

部門紹介

最優秀賞 全作品の中から1点
ウッドデッキのある庭 住居部門 金賞、銀賞、銅賞、審査員奨励賞、販売店奨励賞
ウッドデッキのある庭 非住居部門 金賞、銀賞、銅賞、審査員奨励賞、販売店奨励賞
MarvelEX部門 金賞、銀賞、銅賞、審査員奨励賞、販売店奨励賞
SDGs理材活用部門 金賞、銀賞、銅賞、デザイン賞、販売店奨励賞
アイデア部門 上記各部門にご応募頂いた中からデザイン面、施工面など、アイデアに富んだ作品に贈られます。

*MarvelEX部門は ガラスブロック・ガラスブリック・ロートアイアン・スペインタイルのいずれかの商材を1点以上活用した優れた施工現場

エクステリアとは
  • 天然木ウリンデッキ夢舞台
  • ラクシロン
  • ルミノグラス
  • スペインタイル
  • 製品Q&A
  • カタログ一覧
  • お問い合わせ
  • オンラインショップ
PAGE TOP